40% off Evernote Personal. Limited time offer.

新しい Evernote Personal が 40% オフ。10/3 までの期間限定です。

登録する

お知らせ

タスク: Evernote がまた一歩前進しました

「すべてを記憶する」— Evernote のストーリーはこの一言から始まりました。ソフトウェアを「第二の脳」として使うというアイデアは、Evernote のミッションであり、長期的なロードマップにおける指針でもあります。このアイデアが、ノート、Web クリップ、スキャン、メール転送など、あらゆる場所から情報を一ヶ所に記録、収集、整理できる現在の Evernote を生み出したのです。

何百万人ものお客様が、この Evernote のビジョンに共鳴してくださる一方で、「すべてを記憶する」だけでは十分ではないというお声が聞こえてきました。情報過多の現代において、記録することは情報を処理するプロセスの一段階にすぎません。実際には、情報をタスクに落とし込んで優先順位を付けて実行したり、情報に基づいて意思決定を行ったりする必要があります。「第二の脳」はこうしたプロセスにも役立つ必要が出てきました。

そこで、Evernote では「すべてを記憶する」ことに加え、「好きなことを実現する」方法を考え始めました。時代と共に Evernote も、単なる記憶装置から、重要な物事を成し遂げ、意味のある成果を出すお手伝いができるソフトウェアへと進化する必要があったのです。

そして今日、新機能「タスク」の早期アクセスを開始いたしました。「タスク」は情報とアクションをつなげることで、日々やるべきことを管理しやすくし、「記憶する」と「実現する」の両方をサポートします。

Evernote にタスク機能を実装することは、大きな変更ではあるものの、一方で当然の流れとも言えるでしょう。ユーザの皆様のうち、すでに 40% の方が Evernote を ToDo 管理、作業のリマインド、ワークロードの管理に利用されていますし、多くの方が「適切な機能があれば Evernote をタスク管理に利用したい」とおっしゃっていたからです。これまでは、個々に工夫して行ってきたタスク管理も、これからは「タスク」で簡単に行うことができます。

タスクを実行するための関連情報が Evernote に保存されているのですから、同じ場所でタスク管理もできれば、これほど便利なことはありません。タスク管理専用のタスクマネージャーを Evernote に外付けするというアプローチもあり得たでしょう。しかし、それが議事録であれ、PDF の提案書であれ、ブレインストーミングで使ったホワイトボードの写真であれ、ノートに記録された情報からタスクが生じたり、タスクのためにノートへの記録が必要だったりするのですから、ノートとタスクを完全に統合できるようにするほうが皆様のワークフローを最適化できると考えました。

ノートとタスクを統合すれば、すべてを Evernote 内で完結することができ、保存された情報の価値も作業効率も高まる相乗効果が生まれます。今行っている作業を中断することなく、後で行うためのアクションを忘れないうちにサッと書き留めることができます。次回のブレインストーミングは、前回の決定事項とアイデアを参照しながら行えます。さらに、タスクの期限が近づくとリマインダーと関連ノートが表示されるので、締め切りに遅れることもありません。

現在早期アクセスを実施中の「タスク」は、Evernote で「好きなことを実現する」ための大きな一歩です。しかし、さらに続く道のりの一歩にすぎません。これから歩む一歩一歩はすべて、ユーザの皆様が複雑な現代を乗り切っていくお手伝いをするためのものです。今後も Evernote は、デジタルライフを構成しているさまざまな要素を一ヶ所で管理できるようにしてまいります。

ほんの数ヶ月前、Evernote は「ホーム画面」をリリースしてこの一元管理の最初の一歩を踏み出しました。ホーム画面は、その時々で最も関連性の高い情報にアクセスしやすくするダッシュボード機能です。そして本日早期アクセスを開始した「タスク」により、ホーム画面もさらに進化する予定です。関連のあるコンテンツだけでなく、進行中の計画や行うべきアクションまでもがホーム画面に表示されれば、とても便利だと思いませんか。ホーム画面を見ればその日にやるべきことがすぐにわかるようになるのです。Evernote ではすでにこの組み込み作業を進行中です。

これらの機能はすべて、過去 2 年の間に完全に再構築した新しい Evernote の基盤の上に成り立っています。そしてこれからもこの改善は継続します。今後数週間から数ヶ月の間に、皆様のご意見を伺い、「タスク」の良い部分と調整が必要な部分を把握し、機能改善を行っていきます。またアプリ全体のパフォーマンスの向上、バグの修正、各種機能の改善も同時に進めてまいります。

大切なのは Evernote という製品ではありません。皆様は Evernote をどう使うか、それが最も重要です。仕事のため、趣味のため、世界を少し良くするため。皆様のビジョンが何であれ、それは皆様自身のかけがえのないものです。Evernote のビジョンは変わっていません。皆様の第二の脳となり、皆様のプロセスをお手伝いすることです。私たちのミッションは皆様がすべてを記憶し、好きなことを実現するサポートをすることです。そして、今日ご紹介した「タスク」はその道のりにおける大きな一歩なのです。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録