使い方と事例

先生のお気に入りはトップクラスの生産性システム

教師という職業の何が大変かを尋ねたら、多くの教師がこう答えるでしょう。常に発生し続けるタスクを管理することだと。授業の準備だけでなく、学級担任としての責務、多様な学習ニーズへの対応、限られた学校予算内での必要なリソースの確保など、教師の仕事は多岐にわたります。さらに、課外活動や問題のある生徒のケア、保護者とのやりとりなどもこなさなければなりません。

そのため、良い教師であるためには、タスク管理スキルが欠かせません。タスク管理の理論を知るだけでなく、それを実践する必要があります。その際に心強い味方となるのが、1 つですべてをこなせるトップクラスの生産性ツールです。ツールを利用することで、管理作業が簡易化され、効率的かつ効果的、そしてタイムリーに複数のタスクを処理することができます。

すべては計画を立てるところから

授業の計画と準備は教育の要であり、教師にとって大切な仕事です。しっかりとした準備にはそれなりの時間がかかりますし、適切なツールや枠組みがなければ日々の頭痛の種になりかねません。しかし、これまでのワークフローを改善することで、授業の質を落とすことなく準備にかかる時間を短縮できます。

大切なのは、できるだけシンプルにし、ストレスなく実行できるようにすることです。頭の中で思い描いている計画や学習成果があるかもしれませんが、個々の生徒に合わせて調整できる柔軟性も必要です。個々に合わせた学習形式を許容する計画のほうが、各生徒の成果も高まります。また、生徒たちの理解や習得が妨げられるのはいつどのような理由なのかを特定しやすいように、授業計画には生徒たちの進捗を評価するチェックポイントを組み込むようにしましょう。

さらに、学習と記憶の定着には、生徒自ら取り組むことが不可欠です。たとえば、例文を示してただ説明する代わりに、単語カード(主語、述語、修飾語)を作り、生徒に渡して実際に文を組み立ててもらいましょう。屋外に出てそれぞれの単語が当てはまるスペースを地面に描き、単語カードを持った生徒に各スペースへ移動してもらうのも楽しいアクティビティになります。また内気な生徒が授業に参加できるような方法を考え、授業のなかで生徒が自ら試行錯誤して考える時間を設けましょう。

使いこなしのヒント: Evernote を使って授業に関する情報を収集、整理し (英語記事)、作成したノートをすべてのデバイスで同期しましょう。ノート内にタスクを作成して日々の ToDo を管理すれば、ワークフローが簡易化することができ作業効率が高まります。ノートは、ノート名、日付、キーワードで検索することができ、添付した画像内に含まれる文字も検索されます。基本的な検索から高度な検索まで可能なので、添付した PDF や手書きメモなどの中まで必要な情報をピンポイントで探せます。

生徒のプロフィールを作成する

生徒にはそれぞれの個性があり、異なる学習方法への反応も様々です。ですから、一人ひとりの生徒としっかり関われる戦略を立てることが重要です。情報へのアクセスの仕方、内容への取り組み方、知っていることや理解したことのアウトプットの仕方など、生徒がどのような方法を好むかを観察しましょう。また、それぞれの才能や関心、情熱、希望、苦手なものにも注意を払いましょう。教師が生徒のこと理解すればするほど、生徒の学習成果は高まります。

個々の生徒のプロフィールを作成することは、一人ひとりの進捗を把握し、それぞれの学習を調整する素晴らしい方法です。表を使用して、生徒が得意なこと、夢、関心、原体験、嫌いなもの、社会性、苦手な分野などをリストアップしましょう。一年を通じて生徒たちは変化し成長します。定期的に生徒が自分のことを振り返れる時間を作り、生徒と一緒に協力して学習を進めていきましょう。

プロフィールを作成することは、各生徒の進捗を把握するだけでなく、それぞれと多角的な関わり方をするうえでも有効です。一人ひとりへの理解が深まるため、異なる興味やグループプロジェクトを組み合わせて生徒の長所を伸ばす「クロスオーバー学習」も計画しやすくなります。また、教師が教材を準備する際に役立つだけでなく、生徒自身も自分に適した方法に気づくことができ、能力を伸ばせる学習方法を確立できます。

使いこなしのヒント: Evernote を使って生徒のプロフィールを作成しましょう。後から編集するのも簡単で、保護者や生徒自身と共有することも可能です。生徒プロフィール用に、教師側と生徒側のニーズに合ったカスタムテンプレートを作成しましょう。表を使用したり、画像を追加したり、他のリソースへのリンクを含めることも可能です。また、他の人と共有できるので、保護者に生徒の包括的な進捗状況を簡単に示すことができます。生徒自身と共有して、学習における強みや弱点を理解してもらうことも可能です。テンプレートの作成方法は、こちらをご覧ください

事務作業を効率化する

教師はやりがいのある素晴らしい仕事です。しかし、事務作業に時間を取られ過ぎてしまうと、肝心の教鞭に力を注げません。授業や生徒のニーズを満たしながら、事務作業もこなすのは時間との戦いです。

出欠や成績の管理に加え、学習指導要領の把握、評価基準の作成、新しいテクノロジーの習得や導入、運営委員会、三者面談など、事務作業はたくさんあります。教師はその専門スキルや専門知識を要しない事務作業を日常的に引き受けるべきではない (英語記事) と言われていますが、現実的には引き受けざるをえない作業も多く、ある程度の時間がとられるのは避けられません。

Evernote は事務作業に必要な関連情報を、すべて 1 つのアプリに集約して整理できるように設計されています。方向性を決め、道のりを管理する羅針盤として活用してください。

使いこなしのヒント: タスク機能を使えば、毎日のスケジュールを効率的に整理でき、重要なタスクの漏れや抜けがなくなります。タスクには優先順位に応じてフラグや通知を設定することも可能です。

子どもの成長には教師の存在が不可欠

教師は、単なる職業以上の存在です。使命と言っても過言ではありません。そして忙しい現代の教師には、適切なツールとテクノロジーのサポートが欠かせません。それらを活用することで、ワークフローを劇的に改善し、授業プランを向上し、生徒の飛躍をサポートできます。

アフガンの活動家マララ・ユサフザイ氏は、「1 人の子ども、1 人の教師、1 冊の本、1 本のペン。それで世界を変えられる」と述べました。Evernote はこう言います。「この生産性アプリは、あなたの人生を変えられる」と。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録