生産性向上

在宅ワークによる燃え尽き症候群を防ぐために:今すぐできるシンプルな対処法

一般社員であれ、管理職であれ、フリーランスであれ、職種を問わず在宅勤務がニューノーマルになりつつあります。企業は従業員に少なくとも一定の日数、在宅勤務をさせることで、オフィスコストを削減できることに気がつきました。従業員にとっても、ワークライフバランスの柔軟性が高まり、通勤にかかる時間やコストを削減できる利点があります。このように在宅勤務は、企業や働き方に大きな変化をもたらしましたが、一方で新たなストレス要因や課題も浮き彫りになっています。

たとえば、在宅勤務では、気をつけていないと燃え尽き症候群になりがちです。また自宅から働くことで孤独を感じたり、職場という枠組みがないことで悪影響が出る人もいます。そうなると生産性や健康面にも問題が生じてしまいます。ただ、そうならないようにするために、マネージャーやチームリーダーができることはたくさんあります。在宅で働く従業員が業務を遂行するために必要なものを揃えるだけでなく、チームメンバー同士で連絡を取り合える手段を設けたり、それぞれが健全なワークライフバランスを保てるようにサポートしたり。また、従業員自身も、バランスを保つ努力が必要です。もちろん企業によって違いはありますが、ここで紹介する汎用的な対処法を実践して、健康的なバランスを維持しましょう。あなたの職種が何であれ、バーンアウトしないことはとても重要です。

管理職向け

管理職は、自社の運営方針を守りながら部下のニーズにも応えるという複雑な責務を背負っていますが、これは在宅勤務において一層複雑になりがちです。複数のスケジュールを調整し、誰がオフィスに来るのか、来ないのかを決定しなければなりません。また、オフィスの清掃などのスケジュールも調整しなければなりませんし、残業などの問題も解決しなければなりません。場合によっては、ホットデスキングなど、ニューノーマルな制度にも対応することが求められます。

管理職には一日を通して複数のタスクをこなすことが要求されますが、その職責上、それぞれのタスクに多くの時間が必要となります。つまり、管理職の方も、他の従業員と同じように在宅ワークによる燃え尽き症候群になるリスクがあるのです。むしろ、管理職の方のほうがそうなるリスクは高いかもしれません。多くの管理職の方にとって、1 日 12 時間から 16 時間働いたり、休日にも働いたりするのは珍しいことではありません。在宅勤務の場合、仕事がプライベートな時間を浸食しやすいので、その分燃え尽き症候群になりやすいのです。

解決策

チームメンバーだけでなく、自分のためにも、健全なワークライフバランスを推進しましょう。

  • 週末を含め、自分が稼働しない時間帯を明確にしましょう。
  • 他のメンバーと連絡を取り合うための便利な方法を見つけましょう。
  • 在宅勤務の日は、1 日のスケジュールに休憩時間や雑用をこなす時間も組み込みましょう。数分間近所を散歩するだけでも、充分な息抜きになります。

また、チームメンバーにも同じように勧めて、全員がワークバランスを保てるようにサポートしてください。

使いこなしのヒント: Evernote のホーム画面は、その日にやるべきことを整理して効率的に取り組むのに最適です。その時自分が必要な情報だけを表示するようにカスタマイズでき、状況に合わせて調整したり、簡単にリマインダーを設定したりできます。

フリーランス向け

働き方の変化に伴い、労働人口におけるフリーランスの割合も増加しています。多くのフリーランスは自宅で働いていますから、燃え尽き症候群になりやすいのも驚きではありません。

フリーランスとして仕事をしていると、忙しい時期と暇な時期の波があるものです。そのため、仕事の依頼が来ると、往々にしてスケジュールの許す限り引き受けてしまいがちです。しかし、その状態を続けると、疲労困憊してしまったり、ワークライフバランスが完全に崩れてしまったりしかねません。

解決策

不必要な疲労や燃え尽きを防ぐために、フリーランスとして働く時間のバランスを見直しましょう。

  • スケジュールがいっぱいのときは、仕事の依頼を断る勇気も必要です。自分の健康を守れるのは自分だけです。
  • 毎日仕事をしない時間を決めたり、1 日のスケジュールをバランスよく組んだりして、人生における他の重要事項にも時間を使いましょう。
  • 可能であれば、プロジェクトの一部を外注することで、プレッシャーを減らすのも一案です。

使いこなしのヒント: 商談やコンペ、打ち合わせなどの準備に Evernote を活用しましょう。必要情報を記載したノートを Google カレンダーの予定とリンクしておけば、どんな席にも準備万端で臨むことができ、ストレスを軽減できます。

一般社員向け

フルタイムの社員は、在宅勤務でも決められた就業時間に働くことが多いと思います。1 日の仕事をどう進めるかは自己裁量で決められるものの、そのほとんどを一人でこなさなければならず、他の人とのつながりもありません。こうした状況は、燃え尽き症候群を招く要因となります。

解決策

バーンアウトする前に以下を検討しましょう。

  • 働く目的を見直しましょう。もし、目的を見失っていてやりがいを必要としているなら、初心に帰って考えてみます。日々達成したいことだけでなく、大きな目標についても考えてみて、それに沿って仕事を調整しましょう。
  • 自分の仕事は自分でコントロールするという意識を身に付けましょう。過去数年は世界中の誰にとってもストレスの多い期間でした。毎日、業務時間と目標を設定して、仕事と生活の境界線をはっきりさせることで、常に仕事や時間に追われているという感覚を持たずに済みます。
  • 無理なことには「ノー」ということを学びましょう。健全なワークライフバランスは、自ら努力して手に入れなければなりません。時には会社よりも自分のニーズを優先することが必要です。仕事関連のやりとりをする時間を決めたり、週末は必ず休んだりなど、自分にとって必要なケアを取り入れましょう。

使いこなしのヒント: Evernote のタスクを使えば、毎日やるべきことを簡単に整理できます。大きな目標を設定したら、それを日々のタスクに落とし込みましょう。またタスク機能なら、仕事とプライベートの ToDo はきちんとわけつつ、同じ場所で管理できます。

疲れていなくても休憩をとる

休息や休憩は誰にとっても有益です。ただ、休息がどのようなものかは人それぞれ。エクササイズが息抜きになる人もいれば、趣味に没頭する時間に安らぎを感じる人もいます。好きなテレビ番組を見たり、ソファで何もせずにのんびりしたいという人もいるでしょう。自分に合った方法で息抜きできる時間を毎日のスケジュールに組み込みましょう。

在宅勤務で疲弊する必要はない

在宅勤務でヘトヘトになる必要はありません。心の健康に影響が出てしまう前に早め早めに対処しましょう (英語ページ)。適切なツールを使って、ワークライフバランスの維持を実践すれば、燃え尽き症候群を防ぐことができます。精神的にも物理的にも自分のための時間を作りましょう。仕事中も短い休憩を挟むようにし、1 日の業務が終わったらメールなどはチェックしないようにします。毎日自分の状態をチェックして、無理せず仕事に取り組むことが大切です。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録