生産性

Zapier と Evernote がより便利になるSlack のアクション機能

デジタル時代の毎日は非常に目まぐるしく、私たちは日々多くのことを手際よくこなさなければなりません。そこで、面倒な手作業やルーチン作業を自動化して、タスクとストレスを減らす方法をご紹介します。

コミュニケーションアプリの Slack が 2018 年 5 月に初めてアクション機能を導入したとき、世界中のユーザが歓喜しました。それ以前は Slack と他のアプリを連携させたければ、スラッシュコマンドを覚える必要がありましたが、アクション機能の登場により、クリックひとつで連携できるようになりました。これに伴い Evernote と Slack の連携もメニューアイテムをクリックするだけで済むようになりました。

そして今回さらに、Zapier がこの連携に加わりました。これにより、Slack アクションを使って、Airtable、Todoist をはじめとする1,300 以上のアプリと Evernote を連携できるようになりました。

Evernote は Zapier と円滑に連携します

「皆さんに必要なアプリは Evernote だけです!」とお伝えしたいところですが、現代社会では必要な情報が複数のアプリに分散されているケースが多々あります。App Annie の調査によれば、平均的なスマートフォンユーザは毎日 10 個のアプリを使っているそうです。

そこで活用したいのがアプリ間を連携する Zapier です。Zapier では「Zap」と呼ばれる自動ワークフローを作成することで、複数のアプリ間で情報を自動で共有することができます。 Evernote 関連では、Google カレンダー、Trello、Asana、Dropbox と連携する Zap が人気ですが、他にも何百というアプリと連携させることができます。また、Evernote は Zapier ユーザに最も利用されているアプリのひとつでもあります。

Zapier + Slack のアクション機能がこれまでと違う点

これまでは、Evernote か連携アプリのいずれかで特定の操作を行うと、自動的に Zap が起動していました。例えば、Evernote でリマインダを作成すると、同じ内容が Google カレンダーに追加されるといった具合です(逆もまた然りです)。

もちろんこの方法も引き続き使うことができますが、Slackの アクション機能で Zapier を利用すると、これまで以上に簡単に自動化することができます。

この機能を使えば、任意の Slack メッセージの内容を、チャンネル名やユーザ名、追加テキストといった補足情報と共に Evernote に送り、新規ノートを作成したり、既存のノートに追記したり、タグを作成したりできます。また、同じメッセージを Airtable データベースに記録したり、Todoist でタスク化することができます。

使用方法

Zapier アカウントを作成し、Slack , Evernote をそれぞれ検索します。 Zapier と Slack, Evernote を以下のスクリーンショット例に記載されている “Connect Evernote to 1,000+ Apps” を選択して連携させましょう。

次にSlack の「New Pushed Message(新規プッシュメッセージ)」をトリガとする新しい Zap を設定します。

次に、自動実行したい Evernote のアクションを選択します。例えば「Append to Note(既存ノートに追記する)」や「Create Note(新規ノートを作成する)」などです。その他のアプリへの連携も、同様の手順で行えます。例えば Airtable で「Create a Record(記録を作成する)」や Todoist で「Create a Task(タスクを作成する)」などです。

Zap に名前をつけて有効化します。


次は実際に Slack を使って連携が動作しているか確認します。保存したい Slack メッセージを見つけたら、メッセージの横に表示される […] をクリックし「Push to Zapier(Zapier にプッシュ送信する)」を選択します。

どの Zap を実行するかたずねるポップアップダイアログが表示されます。


先ほど作成した Zap を選択し「Push(プッシュ送信する)」を選択します。これにより、Zapier が Slack のメッセージを自動的に Evernote に送信します。

慌ただしい毎日のなかで、色々なアイデア、情報、プロジェクトをうまくこなしていくのは大変です。さまざまなアプリにデータを入力したり、アクションアイテムを作成する作業に何時間もとられてしまうことも珍しくありません。Zapier と Slack のアクション機能を活用して、Slack のメッセージを Evernote に自動保存しましょう。同時によく使う他のアプリにも情報を送ることができます。
是非、実際にお試しいただき、時間を節約してください。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録