Evernote 使い方ガイド:

Evernote – 大切な仕事のために。

Evernote はあなたの生産性を最大限引き出す、新しい時代のワークスペースです。アイデアを集めたいフリーランスデザイナーからチームで効率的に働きたい方まで、Evernote は様々な目標を達成するうえで必要な作業をすべて行える場所になります。

ノートサンプル入り Android 携帯

 

Evernote の使い方:

 

  • 「書く」アイコン新規コンテンツを書く – ちょっとしたメモから長大な研究内容まで、どのデバイスからでもアクセス

  • 「集める」アイコン貴重な情報を集める – Web の記事、手書きメモや写真など、すべて一括管理

  • 「見つける」アイコン何でも見つける – Evernote のパワフルな検索機能で探し物をすぐに発見

  • 「発表する」アイコン作品を発表する – 作業途中のノートもプレゼンして会議中の共同作業を改善

3 つの手順でノートを作成・編集・共有:

手順 1新規ノートを作成

 
手順 1: ノートを作成

新規テキストノートを作成するには:

  1. ノートまたはノートリスト内にある緑色の新規ノート作成「+」ボタンを選択またはタップします。
  2. 新規ノートポップアップメニューでテキストをタップします。
  3. 「ノートを新規作成」欄にカーソルが表示されたら、テキストを入力してください。
  4. 「ノートタイトル」欄(または自動生成されたタイトル欄)をタップし、後で参考になるようなタイトルを入力します。

注: 音声録音やスキャン、手書きした文書など他の種類のノートを作成するには、新規ノートのポップアップメニューから該当の選択肢をタップ(または既存のノートをタップ+長押しで編集し、画面上部の「+」ボタンをタップ)します。

手順 2ノートブックで整理

 
手順 2: ノートブックで整理

ノートをノートブックで整理するには:

  1. ノートにコンテンツを入力すると、アカウントの既定のノートブック内に自動保存されます。既定のノートブックを変更するには、ノートタイトルの下にあるノートブックボタンをタップしてください。
  2. 完了をタップして、サイドナビゲーションメニューから「ノート」を選択すると、ノートリストに表示されます。

手順 3ワークチャットでノートを共有

 

手順 3: ノートを共有

ワークチャットで単体のノートを共有するには、以下の手順に従ってください。

  1. ノートリストからノートを開きます。
  2. 「ワークチャット」ボタン(矢印付きの吹き出しアイコン)をタップします。
  3. 権限レベルを「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」から選択します。
  4. 受信者を最低 1 人選択し、メッセージを入力してから送信をクリックまたはタップします。

Evernote をすべての端末にインストール

すべてのデバイスで同期

すべてのデバイスで同じユーザ名とパスワードを使用して Evernote にログインしておけば、どのデバイス(および Web ブラウザ)からもノートの作成と閲覧が可能になります。

Evernote を入手する

Evernote をダウンロードデスクトップコンピュータやモバイル機器にダウンロード・インストール

Web クリッパーをダウンロードEvernote Web クリッパーをダウンロード

 

Web クリッパーを使用して、リサーチ結果やメール、ニュース、その他オンラインやメールからデジタルコンテンツを Evernote に保存できます。Web ページをクリップすると、Evernote にある関連ノートが Web クリッパーによって表示されます。

次へ

Evernote で書いて、集めて、見つけて、発表する方法を見る。

書く – 執筆と編集

Evernote を使い始める一番良い方法は、まずメモをとってみることです。ノートには、あらゆる種類の情報を保存できます。データ形式は問いません。

Write hero shot

ノート作成の様々な方法

Evernote でテキスト・手描き・音声ノートを作成。例えばこんなことに使ってみては:

  • 音声ノートを作成議事録をテキスト入力または音声メモを録音
  • チェックリストを作成達成したいタスクのチェックリストを作成
  • 手書きメモを作成指やスタイラスペンを使って、Evernote に直接メモを手書き
  • 書き込みを作成写真や PDF にコメントを書き込んで、現地事務所や建築現場で作業するリモートチームと迅速にコミュニケーション

 

1: ノートを作成

スマートフォンの場合

ノートリスト・ノートブックリスト・タグリスト内にある緑色の「+」ボタンをタップします。

注: 他の種類のノートを作成するには、新規ノートのポップアップメニューから該当の選択肢を選択します。

Android の新規ノートポップアップメニュー

 

タブレットの場合

タブレットで新規ノートを作成するには 2 つの方法があります。

  • ナビゲーションが閉じた状態の場合、緑色の「+」ボタンをタップします。
  • ナビゲーションが開いた状態の場合、緑色のテキストノートボタンをタップします。

 

注: 他の種類のノートを作成するには、新規ノートのポップアップメニューから該当の選択肢を選択します。

 

サイドメニューが閉じた状態の Android タブレット

サイドメニューが開いた状態の Android タブレット

ナビゲーションが閉じている場合

ナビゲーションが開いている場合

 

 

ノートタイトルを追加

新しいノートを作成したら、画面上部のテキスト欄をタップして短いタイトルを入力し、完了をタップします。意味のあるタイトルにしておくと、後でノートを閲覧・発見しやすくなります。

注: 端末のカレンダーイベントに基づいてノートタイトルを自動生成したい場合は、Evernote がカレンダーにアクセスすることを許可してください。

2. ノートを編集

自分で作成したノートと、他のユーザから「編集可能」または「編集・招待が可能」の権限で共有されたノートを編集できます。

 

ノート編集ボタン

ノートを編集するには:

  1. 編集したいノートを開き、緑色のペンボタンをタップ(またはノートリストからノートをタップして長押し)すると編集できます。
  2. 完了をタップして変更を保存します。

注: ノートを削除するには、ノートを開いてオプションボタンをタップ(またはノートリストから選択したノートをタップして長押し)します。オプションメニューから削除 をタップしてOKをタップすると、ノートがゴミ箱に移動されます。

 

テキスト書式設定ツール

 

Anroid formatting tools hero image

 

テキストに簡単な変更を加えるには書式設定ツールを使います。

  1. テキスト書式ツール: テキストにボールド、イタリック、アンダーラインを適用できます。
  2. リストツール: チェックリスト、箇条書きリスト、番号付きリストを作成できます。
  3. 蛍光ペンツール: 選択したテキストを強調表示できます。

注: 取り消し・やり直しツールを使うと、 ノートの最新書式変更を元に戻したりやり直したりできます。

 

 

書式設定の編集

 

Android 書式設定ボタン

書式設定を編集するには:

1. 書式設定ボタン(A と横線3本)をタップします。

 

Android 書式設定ツール

 

2. 編集するテキストを選択します。

3. 書式設定ツールバーのツールを選択して、選択したテキストに書式を適用します。

3. ノートをノートブックで整理

ノートを見つけやすく整理しましょう。アカウントに用意された既定ノートブックにノートを保存するか、自分でノートブックを作成します。ノートは自由に整理できます。例えばプロジェクトごと、製品ごと、部署ごと、クライアントごと、四半期ごとに分けられます。

初期設定では、ノートはアカウント名の付いた既定ノートブック内にすべて保存されます。保存先ノートブックを変更するには、編集中ノートのタイトルの下にあるノートブックボタンをタップしてください。

 

ノートブックを作成

 

新規ノートブックを作成

 

新規ノートブックを作成するには:

  1. 画面左端からスライドしてナビゲーションを表示し、ノートブックをタップします。
  2. 画面上部にある「+」が付いたノートブックをタップします。ビジネスアカウントもお使いの場合は、「個人のノートブック」か「ビジネスノートブック」を選択できます。
  3. 新規ノートブックに後で見つけやすいタイトルを付けます。
  4. OK をタップします。

ノートブックの整理方法に関する詳細はこちら

ノートとノートブックの作成方法に関する詳細はこちら

 

ノートブックの名前を変更

既定のノートブック名を変更することもできます。「受信トレイ」または「未処理」などと付ける方が多いようですが、自分に合った名前に変更してください。これは対応できるまでの間、すべてのノートが保存される既定のノートブックです。

 

ノートブック名を変更するには:

  1. ノートブックリストを開きます。
  2. 名前を変更したいノートブックを長押しします。
  3. ノートブックの名前を変更...」をタップします。

4. ワークチャットでノートを共有し共同作業

ワークチャットでノートを共有し共同作業

ワークチャットを使って他のユーザをノート編集に招待するには:

  1. ノートリストからノートを選択します。
  2. 「ワークチャット」ボタン(矢印付きの吹き出しアイコン)をタップします。
  3. 権限レベルを「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」から選択します。
  4. 受信者を最低 1 人選択し、メッセージを入力してから送信をクリックまたはタップします。

ワークチャットでノートを共有する方法の詳細はこちら

その他のヒント

便利なヒントや技の数々を使って Evernote をさらに活用:

  • チェックリスト: チェックリストでタスクを管理できます。
    チェックリストの詳細はこちら
  • リマインダーでタスクを管理: リマインダーを使用して、締切などの時間的な制約があるノートを忘れずに追跡したり、予定しているタスクやイベントのアラートを受信したりできます。
    リマインダーの使用方法に関する詳細はこちら
  • 手書き: 手書きしたノートを直接 Evernote に追加できます。
    手書きノートの詳細はこちら
  • 画像や PDF への注釈の追加: 共同作業のとき、画像や PDF に線、図形、矢印などを追加して、お互いに分かりやすい形でフィードバックを交換できます。
    注釈機能の詳細はこちら
  • Evernote ウィジェットをインストール: Android 端末がロックされている状態でも、ホーム画面から直接ノートを作成できます。
  • 関連するノートブックをスタックで整理: 関連するノートブックをスタックでグループ化して分かりやすく整理できます。スタックは自分だけに表示され、共有はできません。
    ノートブックのスタックに関する詳細はこちら

次へ

異なる種類のコンテンツをノートに収集。

集める – キャプチャして保存

Evernote を使って、多様なコンテンツを 1 つのノートにまとめられます。保存できる内容は Web コンテンツや画像、文書および PDF ファイル、メール、デジタルコンテンツプロバイダとの提携で記事引用(プレミアムか Business ユーザのみ)など多岐にわたります。

Evernote for Android で情報を収集

ノートに保存できるコンテンツの種類の制限は特にありません。いくつかの例を挙げます。

 

Web ページを Evernote に保存

Web の閲覧中、オプションメニューから「共有」ボタンを選択して、デバイスから直接 Evernote にページをクリップできます。

 

メールを Evernote に転送

メールを Evernote に保存

どんなメールアプリからも Evernote 保存用に生成されたメールアドレスに転送して、メールを Evernote に保存できます。

 

添付ファイル追加ボタン

ノートに写真やファイルを追加

  • カメラで撮影した写真を追加ブレインストーミングのホワイトボードやポスト・イット® ノートをカメラで撮影して追加できます。契約書やレシートをスキャンできます。Evernote ノートブック by Moleskine で手書きメモをスキャンできます。
  • ギャラリーから画像を追加デバイスのフォトギャラリーから任意の画像を追加。
  • ファイルを添付Microsoft Office 文書や PDF ファイルを添付。

ノートブックを共有し、他ユーザにコンテンツを追加してもらう

ワークチャットでノートブックを共有

ワークチャットを使って他のユーザとノートブックを共有、コンテンツの追加・編集に招待するには:

  1. ノートブックリストを開き、共有したいノートブックを選択します。
  2. ノートブック名の横のオプションボタン(3 つの点)を選択し、共有をタップします。
  3. 1 人以上の受信者を選択、既存のチャットグループを選択、または少なくとも 1 つのメールアドレスを入力します。
  4. 権限レベルを「編集・招待が可能」か「編集が可能」に設定し、送信をタップします。

ワークチャットでノートブックを共有する方法の詳細はこちら

その他のヒント

Evernote にコンテンツを保存する他の方法について知りたい方は以下もご覧ください:

次へ

いくつかノートを作成できたら、次は必要な時に簡単にノートを見つけられるようにしましょう。

見つける – 必要なノートを必要な時に

Find notes hero shot

 

Evernote では全ノートが検索対象となるので、必要な時に必要なノートがすぐ見つかります。添付された画像や PDF に含まれる活字や手書き文字も検索可能です。

検索対象

自分のアカウント内にあるノートとノートブックで以下を検索できます:

  • キーワードまたはタグ
  • スキャンした名刺の連絡先情報
  • 紙に書かれた手書き文字または活字
  • 添付した文書ファイル・PDF ファイルに含まれるテキスト

ノートやノートブックを検索する方法

 

Android 検索ボタン

 

  • Evernote アカウント内のノートを検索: 画面上部の検索アイコンをタップし、検索欄にキーワードや語句を入力します。
  • Evernote アカウント内のノートブックを検索: サイドナビゲーションメニューから「ノートブック」を選択し、ノートブックリストの上にある「ノートブックの検索」欄に検索語句を入力します。
  • 会社の Evernote アカウント内のノートブックを検索: ノートブックのリスト下部にある「すべてのビジネスノートブック」を選択し、 アクセス可能なすべてのノートブックを表示できます。

 

すぐにノートを見つけるための他の方法

  • 検索候補: Evernote の検索機能は、検索欄に入力した語句に基づいて、入力している最中に最近行った検索や保存された検索を自動的に一覧表示し、タグやノートブックを候補として表示します。
  • 絞り込み: 検索の範囲を絞り込むには、ノートブックや作成または更新日、ノー​​トが作成された地理的な位置によってフィルタリングできます。

 

ノートとノートブックの検索方法に関する詳細はこちら

 

その他のヒント

Evernote で探している情報を見つけるための他の方法

  • 保存された検索: よく使う検索用語は素早くアクセスできるように、ショートカットとして保存。
    保存された検索に関する詳細はこちら
  • ショートカット: ノートやノートブック、よく検索するタグや語句へのリンクを作成・保存。
    ノートへ素早くアクセスできるショートカット作成に関する詳細はこちら
  • 詳細検索: 特殊な検索語句を使ってさらに詳細な検索も可能です。よく使う検索語の組み合わせは保存して再利用できます。
    検索構文に関する詳細はこちら
  • 手動同期: 例えばコンピュータなど、別のデバイスで作成したコンテンツにすぐアクセスしたい場合、手動同期が便利です。
    • サイドナビゲーションメニューの同期ボタンをタップすることで、いつでも Evernote アカウントを同期できます。同期設定を変更するには、サイドナビゲーションメニューのアカウント名をタップし、同期を選択してオプションを編集してください。
  • Know Who 検索: 「Know Who」検索機能を使うと、作業中のコンテンツに詳しそうな自社内の担当者を見つけられます。
    Know Who 検索に関する詳細はこちら
  • 文書検索& PDF 検索: Evernote プレミアムと Evernote Business では、スキャンした PDF 文書に含まれる活字や手書き文字を検索できます。また、Microsoft Office や Apple iWork の文書、スプレッドシート、プレゼンテーションに含まれるテキストも検索できます。

次へ

Evernote を使えば、会議での発表が楽になります。

発表する – 作品をプレゼン

デスクトップクライアント上でノートをプレゼン

グループでの話し合いやミーティングで、プレゼンテーションモードを使ってノートを大画面に表示できます。コンピュータか iOS デバイスで Evernote を開き、プレゼンしたいノートを開いたらプレゼンテーションモードをクリックしてください。

プレゼンテーションモードは Evernote プレミアム機能です。

その他のヒント

さらに Evernote でのプレゼンテーションを活用する方法:

区切り線でプレゼンテーションを整理: レイアウトエディタで、ノートのどの部分までを一度に画面上に表示するのかを指定できます。
プレゼンテーションモードの詳細はこちら

次へ

このガイドで紹介したヒントを一括表示。

ヒントと参考資料

以下はこのガイドで触れた Evernote 活用ヒントすべての一覧です。

 

「書く」アイコンノートを書く

「集める」アイコンノートを収集

 

「見つける」アイコンノートを見つける

  • 保存された検索: よく使用する検索語句やフィルターをショートカットに保存して素早くアクセスできます。
    保存された検索の詳細はこちら
  • ショートカット: ノートやノートブック、よく使用する検索タグや検索語句へのリンクを作成して保存できます。
    ショートカットを作成する方法の詳細はこちら
  • より詳細な検索: 特殊な検索構文を使用して高度な検索を行えます。よく使用する検索構文の組み合わせを保存して再利用できます。
    高度な検索構文の詳細はこちら
  • 手動同期: デスクトップコンピュータなどの異なる端末で作成したコンテンツに即座にアクセスしたい場合は、手動で同期できます。
    • サイドナビゲーションメニューの同期ボタンをタップすることで、いつでも Evernote アカウントを同期できます。同期設定を変更するには、サイドナビゲーションメニューのアカウント名をタップし、同期を選択してオプションを編集してください。
  • 「Know Who」検索(Evernote Business のみ): 特定の分野や題材に詳しいと思われる社内の担当者を検索できます。
    「Know Who」検索の詳細はこちら
  • 文書 & PDF 検索(プレミアム機能): Evernote プレミアムと Evernote Business では、スキャンした PDF 文書に含まれる活字や手書き文字を検索できます。また、Microsoft Office や Apple iWork の文書、スプレッドシート、プレゼンテーションに含まれるテキストも検索できます。

 

「発表する」アイコン発表する