ユーザガイドライン

更新日: 2016 年 10 月 4 日 - 更新内容 »

Evernote は、利便性と生産性の高いサービスの提供に取り組んでいます。必要不可欠なアプリケーションを提供して最高の体験をお届けしたく思っていますが、そのデータ処理の際には、ユーザのデータが保護され、データの透明性が確保されることに努めています。ユーザのみなさまには、Evernote サービスおよび他のユーザの立場を尊重し、当社サービスを利用する際の禁止事項などの規約に従うようお願いいたします。当社サービスの規約(本ガイドラインを含む)に同意した場合、ユーザのアカウントに関する全ての行為およびコンテンツに責任を負うことになります。

当社サービスをご利用いただく場合、以下に同意するものとします:

  • 本来の使用法に合致しない、ハードディスクのバックアップ保存などには、Evernote を利用しないこと。 Evernote は、仕事効率化・生産性向上の為に設計・構成されており、いくつかの具体的な使用方法を想定しています。想定している具体的な使用方法は例えば、ノートの作成、Web ページのクリップ保存、画像の撮影および保存、タスク管理、共同作業やメッセージ交換、そして文書の共有など、現代社会での働き方の中核を成す行為や活動です(そしてこれらを、「本来の使用法」と呼びます)。Evernote は、クラウド型のバックアップ、ファイルの自動同期システム、またはストレージ専用のサービスとしては設計されていません(これらを「サポート対象外の使用法」と呼びます)。サポート対象外の使用法の例としては、ハードディスクの自動バックアップ、メディアライブラリの格納、メールやファイルの自動保存、または大量のファイルの保管のみを目的とした使用などが含まれます。これらの用途に本サービスを利用された場合には、ユーザ本人および他のユーザが体験する Evernote のサービス品質が著しく低下する可能性があります。ユーザが体験する Evernote のサービス品質は、みなさまが「本来の使用法」に従って Evernote を利用してくださることに依存しています。
  • あらゆる違法または不正行為を幇助するような目的で Evernote を利用しないこと。 爆発物の製造方法の説明を投稿する、特定の人物、グループ(または動物など)、政府機関または法的機関に危害を加える、特定の人物に対するストーカー行為やセクシャルハラスメントなどの行為を禁止しています。また、ユーザまたは本サービスの使用に適用されるあらゆる法律または規約に違反することも禁止しています。ユーザのアカウント内のデータに適用される法律または規約を遵守する責任は Evernote ではなく、ユーザにあります。
  • ユーザの権利を侵害しないこと。 他人のプライバシーを侵害することを禁止します。また、商業目的またはユーザの権利または適用法に違反するようなその他の方法で、他人の個人情報を使用することも禁止します。法律、契約上の合意、または信託関係に基づいて権利を保有しないコンテンツのアップロード、投稿、転載を禁止します (例、雇用関係の一部として、または機密保持契約に基づき提供または開示されている内部情報、機密情報)。
  • 当社のユーザに対する迷惑行為または詐欺行為を行わないこと。 不正または未承認の広告または宣伝資料をアップロード、投稿、転載することを禁止します。迷惑メール、マルチ商法、「誘拐されたので、1,000 ドルを振り込んでください」などの詐欺メールも当然に禁止します。ユーザのパスワードや個人情報を請求しないでください。当社の事前の承認なしに、Evernote のサービス内で、または Evernote の代理人として商業活動を行うことを禁止します(例、ユーザ、その他の企業、組織などの利益になるよう構成されたバナー広告の表示、ユーザのウェブサイトにリンクを掲載することにより現金または現金等価物などの報酬を得るバナー広告の表示)。他のウェブサイトへ誘導するような目的で当社サービスを利用しないでください。
  • 望まれないメッセージを送信しないこと。 ワークチャットその他の Evernote のコラボレーション機能は、ユーザの知り合いおよびユーザと同じ団体に属する人々との交流や共有を可能とすることを目的に提供されています。こうしたつながりのない人に向けて未承認のワークチャットメッセージを送ることは控えてください。Evernote アカウントを持っていない人に向けてワークチャットメッセージを送信する場合は、受信者がこうしたメッセージの受け取りを希望しているという確信がない限り、メールやショートメッセージ、その他のメッセージを Evernote を介して送信しないでください。
  • 知的財産権を侵害しないこと。 他当事者の著作権、登録商標またはその他の知的財産権または所有権の侵害に該当するような形態や形式でのコンテンツのアップロード、投稿、転載を禁止します。Evernote の「トレードマークの利用に関して」ページの内容に対する違反行為を禁止します。
  • 当社のサービスを妨害しないこと。 他の全てのユーザに影響を及ぼすような妨害行為は厳に禁止します。あらゆるコンピュータソフトウェアまたはハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限するような、ウィルスまたはその他あらゆる種類のコンピュータコード、ファイル、プログラムなどをアップロード、宣伝、配布することを禁止します。当社サービスに接続する当社のサーバーまたはネットワーク、または当社サービスを提供するために利用するサービスプロバイダのサービスおよびネットワークへの干渉を禁止します。当社サービスを通して転載されるあらゆるコンテンツに由来する不正行為を禁止します。Evernote から事前の承認を得ている場合を除き、Evernote が提供するインターフェース以外(スクリプト、クローラその他の類似する物を含む)から、当社サービスにアクセスまたはアクセスを試みることを禁止します。また、他のユーザによる当社サービスへのアクセスを妨害する可能性のある方法で当社サービスを使用しないでください。
  • 当社サービスのコピーまたは再販を試みないこと。 Evernote をコピーしたり、当社サービスの一部を悪用したり、当社サービスの不正使用、不正アクセスを禁止します。これには、スポンサードグループに関連する Evernote プレミアムのアカウントも含まれます(別途契約により特別に許可されている場合を除く)。さらに、当社サービス内の広告またはその他のメッセージの表示を妨害または制限することを禁止します。
  • なりすまし詐欺行為を行わないこと。 自分自身のアカウントのみ使用してください。特に、真実を偽り、Evernote に勤務している、または関連していることを装う行為を禁止します。
  • 承認された利用範囲の逸脱すること。 使用する権利を保有していない機能へのアクセスまたは使用を禁止します。正式な許可なしに他ユーザのコンテンツに危害を加えることを禁止します。
  • 共有または公開ノートブックを使用して好ましくないコンテンツを投稿しないこと。 以下のコンテンツをアップロード、公開、表示することを禁止します:Evernote が不適当であると判断した裸の画像、性的描写の素材。Evernote が、脅迫、不正、迷惑、侮辱、中傷、不愉快、侵略的、憎悪、人種的、民族的、その他好ましくないと認めた内容。または、適用される現地法またはこれらのユーザガイドラインにおけるユーザの義務に反すると Evernote が判断するもの。

当社では Evernote サービスのユーザのみなさまにこれらのガイドラインをお守りいただくことを期待していますが、当社のガイドラインや当社サービス利用規約があるにもかかわらず、当社サービスを使用する際、コンテンツに対する違反、不法、好ましくない行為などに遭遇する場合があります。当社ではこの点をご理解いただくようユーザのみなさまにお願いしております。それ故、ユーザ自身の責任で当社サービスを利用してください。

以上、禁止行為に該当する場合、またはその他の好ましくないコンテンツについては、compliance AT evernote DOT com までご報告ください。

当社サービスをご利用いただきありがとうございます。

 

※本文書の使用言語について
本日本語文書は、ユーザの便宜を図ることのみを目的として、英語の原文を翻訳したものです。法的に拘束力を持つのは、英語の原文のみになります。英語原文と日本語訳で相違や矛盾が発生する場合には、英語の原文を優先します。原文はこちらをご確認ください。