議事録テンプレート

効果的なノートとは、ただ情報を記録するだけでなく、その情報を生かせるようにするものです。議事録は、ともすれば瑣末な詳細が書き連ねられ、本当に大切なタスクや決定事項が埋もれてしまいがち。Evernote の議事録テンプレートは、大切な情報をしっかり記録できる構成なので、決定事項を確実にアクションにつなげることができます。
テンプレートを表示

有意義な会議に

プロジェクトに関する初回ミーティングでは、重要事項に関して全員の共通認識を形成することが重要です。議事録テンプレートを使用して、必要な情報を全員に周知し、何度も無駄なミーティングをするのを避けましょう。

ミーティングのシンプルな議事録

ミーティングの詳細

ミーティングの議題が一目でわかるようにしましょう。どのプロジェクトに関するミーティングなのかや、ミーティングの日時、出席者、目的などを記入しておくことで、見返したときに概要がすぐにわかります。

確認事項

ミーティングは、「誰が何をするのか」を明確にして終わることが大切です。確認事項の欄には、タスクとその担当者を記入しましょう。各タスクにはチェックボックスが付いているので、進捗を簡単に把握できます。関係者に議事録を共有しておけば、全員が常に最新情報を把握できます。

決定事項

重要な決定事項を曖昧にするのはよくありません。議事録テンプレートの決定事項の欄に記入しておけば、チームとして決めたことがブレずに済みます。

まとめ

最も重要な内容を、まとめ欄に記入しておきましょう。こうしておけば、忙しいチームメンバーも後からサッと見返すことができます。

チェックリスト

情報の記録にフォーカスするのではなく、アクションにつなげることを意識しましょう。そのために、このテンプレートの最後にはチェックリストが用意されています。既存のリストを編集することも、行を追加して新しいタスクを追加することも可能。議事録内の ToDO リストとして機能するので、タスクの漏れや抜けがありません。

議事録をシンプルに

このテンプレートを使って、会議の内容をアクションにつなげましょう。効果的な議事録は単なる情報共有にとどまりません。関係者全員がプロジェクトへの理解を深め、必要な作業にすぐに取り掛かれるようにすることが大切です。
テンプレートをダウンロード

Evernote に今すぐ登録

どこからでもアイデアやひらめきを記録して、簡単にタスクを管理できます。
または