お知らせ

ホーム画面: Evernote 最新機能に対する評価とご利用状況からわかること

2021 年 4 月更新: ホーム画面がモバイル端末でもご利用可能になりました!今後数週間のうちに iOS および Android に段階的にリリースされます。


Evernote の最新機能であるホーム画面が Evernote for Mac・Windows と Evernote Web へリリースされてから約 1 ヶ月が経ちました。ユーザの皆様からは非常に好意的な反応をいただいており、どのようにホーム画面を利用しているか、また今後どのような機能を期待しているかといった声も続々と寄せられています。今回はその一部をご紹介したいと思います。

うれしいことに、ホーム画面に対しては予想を上回る高評価をいただいており、多くの方から「一目で気に入った」「画期的」「とても便利」というコメントをいただきました。また、今回のリリースは 2021 年初のリリースでしたが、「Evernote が正しい方向に進んでいる」ことを示すものだというご意見もいただいています。LifeWireEngadgetTechRadar をはじめとするメディアや、Carl Pullein 氏「Keep Productive」チャンネルの Francesco D’Alessio 氏といったインフルエンサーも、好意的な第一印象レビューをくださっています。

では、ユーザの皆様は実際にどのようにホーム画面を利用されているのでしょう?

ホーム画面を見た方の半数以上が、ただ見るだけでなく早速使ってみて、自分のワークフローにどう利用できるか (英語記事) 試してみてくださっています。Evernote は常々、ユーザの皆様が求めているのは単にアイデアや情報を保存するだけの場所ではなく、直感的に情報を管理して瞬時にアクセスし作業できる場所だと考えてきましたが、現在のご利用状況はそれを裏付けるものだと言えるでしょう。

ホーム画面で最も人気を集めているウィジェットは、ノートウィジェットとノートブックウィジェットです。これらは当初から Evernote の核となる機能だったので、人気があるのも納得です。もうひとつ高い評価をいただいているのが、スクラッチパッドです。昔、固定電話の横に置いてあったメモ用紙のように、スクラッチパッドはちょっとしたことを忘れないようにメモするのにぴったりの機能。書いた後はそのままメモとして残しておくことも、後からノートに変換することもできます。

プレミアムユーザとビジネスユーザの方にご利用いただけるカスタマイズ機能も大いに活用されています。カスタマイズ機能では、ウィジェットの追加や削除デスクトップ版でのウィジェットのサイズ変更背景画像の変更が可能ですが、現在のところ大部分の方がデフォルトのレイアウトを利用されています。ただ、多くの方がショートカットとノートブックを画面上部に移動させています。このことから、ユーザの皆様がどのような機能を重要視されているか洞察が得られました。また、プレミアムユーザの 10 人に 1 人が、規定のギャラリーから新しい背景画像を選択されています。ちなみにこのギャラリーの画像はすべて Evernote の社員たちが皆様のために作成したものです。

ホーム画面は現在すべての端末でご利用いただけるようになりましたが、これで終わりではありません。皆様から寄せられたコメントやリクエストをもとに更なる改良を重ねてまいります。すでに、ウィジェットの追加、柔軟性の向上、ホーム画面に表示する情報の更なるカスタマイズなど、皆様からご要望があった機能の開発に取り組んでおります。

まだホーム画面をお試しになっていない方は、Evernote の最新版をこちらからダウンロードして、是非お試しください。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録